走ること、出会うこと

渡米して2週間。家探しがひと段落したので、自転車に乗るのも通勤や自転車通勤のシミュレーションのためではなく、純粋な楽しみのために乗る余裕が生まれてきた。

持ってきた自転車は街乗り用のSurly Pacerだけど、それなりにスポーティーな走りができるので比較的短いライドだったら十分に楽しめる。日曜日は生憎の雨だけど、帰国する日本人駐在員さんなんかからあれこれもらいにいく活動を終えたら雨が上がりかけていたので、Palo Altoの南西方面、高速280号の奥あたりのアップダウンが連続するエリアに出かけてみた。

今度引っ越す家からもアクセスの良いCharleston Roadは、Palo AltoのMountain View側を縦断していて、Bike Laneが常にあるので安心して走れる。Palo Alto市はBike Friendlyな街づくりを宣言していて、車通りの多い大通りを避けて自転車や徒歩で動きやすい道を整備すると同時に地図(これも)も公開してくれていたりする。

Charleston Roadを南西に進み、El Camino Realを越える。El Camino Realはこのエリアで最も歴史のある通りで、メキシコからサンフランシスコまで繋がる西部の大動脈。今でも高速道路を除くと一番の賑わいを見せる。ただし、Bike Laneがないし、車通りの多い道なので絶対に自転車では走りたくない。El Caminoを超えるとArastradero Roadに道の名前が変わり、このあたりから一気に車通りが減り、基本的に信号もないので走りやすくなる。少しずつ登り基調となり、走りやすいFoothill Express Wayを超える。右側にはVMWareの本社、TeslaのHQがあるようだが、森の中にある感じなので建物の雰囲気はよく分からない。ちょっとしたアップダウンが出てきて、高速280号の下をくぐってしばらく並走し、少しだけPage Mill Roadに合流してから右折していくと、なんとものどかな雰囲気になってきて癒される。自然保護区になっていて、丘の上では馬が悠然と歩いていたりする。

ちょっといくとAlpine Roadに合流。ここはのどかな雰囲気ではないけど、日本だったら車一台分のレーンと言うことができそうな広いBike Laneがあり、Palo Alto市内側に向かう道は緩やかな下りが続くので快調に飛ばせて気持ちが良い。もちろん信号はほぼ皆無で、稀にSTOPサインが出てくるくらい。

高速280号をくぐってちょっといくと三叉路になっていてここがAlpine Roadの終点。右折してJunipero Serra Blvdに繋げるとここも走りやすい道が続く。このあたりは全体的にStanford大学のキャンパスで、三叉路のあたりは大学のゴルフコースが広がってる。そのまま直進していくと、CupertinoやSunnyvaleあたりに住んだ場合の自転車通勤シミュレーションで何回か走ったFoothill Express Wayに繋がっていて、Page Mill RoadかArastradero Roadで左折することで市内に戻れる。

ってわけで、たった1時間弱のサイクリングだったけど、のんびりとした広大な自然の中を走ることができて、見たことのない風景に出会えて、上り坂では苦しみ、下りでは快調に飛ばし、自転車活動のプリミティブな楽しみを再確認することができたという意味で、とても有意義なサイクリングだったと思う。

多くの人にとってもそうであるように、自分にとって自転車とは、身体を効率的に使って動くためのツールであり、未知のものと出会うツールであり、最もシンプルな形での自転車活動にこそ最高の楽しさがあるのだな、という思いを新たにした。

ベイエリア・自転車生活ことはじめ (1)

10年くらい住んだ中目黒から湘南エリアに引っ越して、ちょうど5年目になろうか…というところで、今度はアメリカのシリコンバレー界隈に住むことになりました。というか、家族を残して単身で生活を立ち上げに来て、はや2週間が過ぎようとしています。

Alpine Road

会社がスタンフォード大学のあるPalo Alto市にあるので、1ヶ月契約の仮住まいのアパートに暮らしながら家探しをして、通勤の利便性と、家族としての生活しやすさ、それから予算とのバランスを見ながら検討を重ねた結果、Palo Alto市内のコンドミニアムと契約できたので、引っ越しの計画は次のフェーズに移りつつあります。

一般的にシリコンバレーと呼ばれているのは、サンフランシスコがある半島部分の付け根のあたり、サンノゼからパロアルトあたりまでのエリアです(東側のEast Bay、南側のSouth Bay、さらにナパやソノマがある北側のエリアも含む総称として「ベイエリア」と呼ぶことも多いです)。もともとは果樹園なんかが広がるのんびりとした田舎だったのが、第二次大戦をきっかけに高性能なレーダー技術等の開発の必要が生じた関係から大学を中心とした先端技術の開発と、その技術や研究を活用した民間企業が立ち上がるというエコシステムが生まれて、Hewlett PackardにはじまりApple、Google、Facebook…といった企業を擁するスタートアップの一大生産地となったのは多くのことが知るところでしょう。歴史はこのあたりの記事が詳しいです。

高速280号と並走するFoothill Express Way

エリア全体としては、日本の高速に相当するFreewayが張り巡らされた田舎っぽい場所なのですが、過去20,30年にあまりにも急速に人口が増えた上に、数多の会社が生まれ、経済規模が増え、世界中から高給のソフトウェアエンジニアが集まり、成功したベンチャーやベンチャーキャピタルからお金持ちが生まれ…というサイクルがぐるぐるぐるぐる回った結果として、家の数は少なく(あれこれ制約が多くて家をたくさん建てられない)、車がないと生活が回らず、周りはお金持ちばかり、という不思議なエリアが生まれたという経緯があります。

で、本題の自転車。はっきり言ってシリコンバレーの中心部分は自転車で走り回るのには良好な環境とは言えないのですが、道を選べばBike Laneがそこそこしっかり整備されていて(比較的)安全に走ることができ、ちょっと忙しいエリアから離れると手付かずの自然が広がっていて、車も少ないのんびりとした風景の中を気持ちよく走ることができる、ということで通勤という意味でもスポーツという意味でも新しい地平が開きそうな予感がしています。

そんなわけで、長らくやってきたこのブログも改題する日が来たようです。当面の家はPalo Altoに決まったので、「鈍行・パロアルトの自転車メモ」にしましょうかね!

ブログ改題?

2014年に10年住んだ中目黒を離れて湘南エリアに移り住み、5年ほど暮らして来たわけですが、今度はアメリカのシリコンバレー周辺に生活の拠点を移すことになりました。

簡単にいうと、今働いてる会社はアメリカの会社で、チームの母体もアメリカ側にありながら、なぜかマネージャーの自分が日本にいるという不思議な状態になっていたので、「アメリカに行った方が仕事がしやすいのでそっち行っていい?」とボスに聞いたら「いいよ」ということだったので、動くことになった、ということです。

オフィスはシリコンバレーの北端に位置するPalo Altoなのですが、このエリアは家の値段の高騰が著しくてまともな家に住める気がしないので、近隣のエリアで家を探して住むことになりそうです。アメリカには高校生時代に両親がオレゴンに住んでいたのと、仕事で頻繁に行っているエリア(すでに物件もいくつかチェックしていたりする)で、さらに日本人も多く暮らしているエリアで生活利便性も安全性も高いので、国をまたいだ異動としては比較的イージーモードと言うことができそうです。

  • 会社のサポートを受けられる (ビザ取得、家探し、引っ越し、税金のあれこれなどを面倒を見てくれる)
  • 仕事内容は変わらない (引っ越し絡みのあれこれに注力できる)

5年ほど前に海外移住を企てた時は、自力でオーストラリアの永住権を取得して、自力で仕事を探して、自力で引っ越しして…と「自力」のオンパレードでしたが(結局実行に至らず)、ここまで会社が面倒を見てくれると本当に楽ですね。L-1Aというマネージャー向けの社内異動用のビザを取得できたのですが、これはグリーンカード(永住権)を取得するのに非常に有利なビザなので、もしアメリカ生活が気に入った暁にはしばらくそのまま暮らすことになりそうです。

自転車活動は低空飛行だったので特に書くこともありませんでしたが、乗車可能なロードがまだ3台あって、新しい環境に移るってことでよい刺激になると感じているので、シリコンバレー界隈(広くはサンフランシスコ・ベイエリアとも言う)でのサイクリング活動についてちょこちょこ書いていけるかも知れません。

ひとまず、家族は日本に残して2ヶ月ほど単身で新生活の立ち上げをやるわけですが、通勤用・街乗り用としてSurly Pacerを持って行くので、久しぶりにキャリアを外してOS-500にパッキングしたり…と久しぶりの飛行機輪行がちょっと楽しみだったりする今日この頃。

「鈍行・中目黒」だったこのブログは2014年から実質的に「鈍行・江ノ島」だったわけですが、今度は実質的に「鈍行・ベイエリア」ということになりそうです。語呂がイマイチなのでブログ改題はしませんが、よい名前があったら近いうちに帰るかも知れません。

まだこのブログをチェックしている方がいるかは分かりませんが、今後ともよろしくお願いいたします。

真夏の富士山一周サイクリング

会社の自転車部のメンバーと一緒に、富士山一周のサイクリングを敢行。

レースを頑張ってた7,8年前は、Mt.富士ヒルクライムの試走で5月頃にスバルラインを1本走ってそのまま反時計回りで練習も兼ねて富士山一周(100km)…というのが定番の行動パターンだったのだけど、日本離れした雄大な風景や、アップダウンに富んだ走りごたえのあるコースは普通にサイクリングしても楽しかろうと思い、未経験の部員にも楽しんでもらいたいなーということで計画を立案。

続きを読む